冬でも海に入れるの?

温泉で有名な伊豆伊東の海底です。2月に撮影

冬はベストシーズン!

マリンスポーツは夏のイメージがあり、多くの人は「冬の海に入るなんて」「氷のように冷たそう」そう思われているかと思います。しかし実際には多くのダイバーが冬の海を楽しんでいるのです。中には「夏はシーズンオフ」なんて言っているダイバーもいます。冬の海は浮遊物がほとんど無くなって透明度がかなりよくなりグランドキャニオンのような海底地形がはっきりと見えてすごくダイナミックになるのです。太平洋岸は黒潮暖流の影響もあって水温が15度以下に下がる事がほとんど無く陸上よりも暖かく熱帯魚もたくさん泳いでいます。また海水浴の人がいないので空いているのも魅力のひとつです。
都心から近い海にこんなに熱帯魚が!上記写真は1月の伊豆富戸海岸です。

1月の伊豆七島

ドライスーツの普及

昔のダイバーは一年中ウエットスーツ(水の入ってくるスーツ)で潜っていました。水の中では寒くないのですが陸に上がり着替えるときは水着姿!北風でも吹けば寒く気合が必要でした。しかし最近はドライスーツ(まったく水が入らないスーツ)が普及してきました。このスーツは中にジャージやフリースなど着て陸に上がれば乾いた格好なのです。寒がりの人はカイロなど貼っていて完全防備!冬に駅で電車を待っている時よりぜんぜん暖かいのです。オートバルブも進歩しているので操作も簡単!初心者でも普通に使用出来るのです。ブルーマリンではすべてドライスーツを着用しています。

ドライスーツ西伊豆雲見 ドライスーツ

 

 

 

 

 

温泉
伊豆の温泉は有名ですね!なんとスーツのまま入れる温泉がたくさんあるのです。温かいですよ。
上記写真は伊豆海洋公園のダイバー用露天風呂です。